すごブロ

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方、など。

論理学

論理学超入門 【書評・まとめ】 論理について頭を悩ませたことのあるすべての人に

記事の内容 「論理について頭を悩ませたことのある人に、そして将来頭を悩ませる人に本書を捧げる」 今回紹介する本の冒頭に記されている言葉だ。 この一言に、すでにもう惹かれている人もいるのではないか? 現在、本屋に行けば、論理的思考の重要さをうた…

数学嫌いな人のための数学 小室直樹 【書評・まとめ】数学と人間の関係って深い!

記事の内容 ・数学はどのように誕生してきたのか? ・宗教と数学の関係とは? ・人、社会、経済を貫く数学の論理とは? ・数学のキモとは何か? 数学、皆さんは好きでしょうか? 義務教育で教わる数学は、計算練習ばかりですね。 しかし、数学の本質とは「論…

【遊戯王と論理的思考】楽しく学べて教育にいいんじゃない?

遊戯王って楽しいし、頭も鍛えられる!! 突然ですが、遊戯王というカードゲームを知っていますか? そして、やっていて「頭も鍛えられるじゃん!」と感じたことはないでしょうか? 私自身、そう感じています。楽しみながら頭も鍛えられるカードゲームってす…

論理哲学論考ってなに? 内容&おすすめ入門本紹介

論理哲学論考はどんな人向き? ・思考と言語の関係 ・言語と世界の関係 ・言語の限界 ・哲学的な問いに解答はあるの? ・論理学の哲学 ・「私」と世界の関係 これらテーマが気になる人にぜひ読んで欲しいのが、ウィトゲンシュタインの論理哲学論考だ。 「語…

チューリングの考えるキカイ 【書評・まとめ】 コンピュータにできることとできないこと

記事の内容 ・チューリングのどんなアイデアが、コンピュータサイエンスの基礎になっているのか ・AIには何ができて何ができないのか ・「計算する」とはどういうことか ・万能チューリング機械でも、「計算できない問題」とは何か コンピュータの発展は、現…

数理論理学入門に最適 【はじめての数理論理学】証明の具体例が豊富でありがたい

はじめての数理論理学 証明を作りながら学ぶ記号論理の考え方 今回紹介したい本がこちら。画像クリックでAmazonへ飛べます! 論理とは何かを追求する人が行き着くところが「論理学」。 しかし、なかなかとっつきやすい入門書がない。 今回の本は、高校生でも…

武器としての決断思考 【書評・まとめ】 自分の人生を生きるための技術

自分で決めていかないといけないのに... 将来がどうなるか全くわからない。 上の世代がやっていた通りにやっていればいい。これが通用しなくなった。それなら、自分の生き方を自分で決めるしかない。そんな時、求められる技術が「意思決定」だ。 そのための…

運命論を哲学する【書評・まとめ】 「運命」ってなんなんだ??

運命ってなんだ?? 今回紹介する本は、「運命論」を哲学するというものだ。 この運命という言葉、誰でも気軽に使っていると思う。 「あれは、運命だった」 「運命によって導かれたんだ」 しかし、運命という概念、深く考えようとすれば、なかなか奥が深い。…

その可能性はすでに考えた 【ネタバレ・感想・解説】探偵は「奇跡」を望む

普通の探偵じゃないミステリー 設定が新しいことで話題になった推理小説だ。著者は、井上真偽。 (名前からして、論理学の香りがしますね) どこが新しい点なのか、それはこの小説のタイトルが表している。 この小説の探偵は、「その可能性はすでに考えた」…

イシューから始めよ【論理的思考よりも大切なこと】

知的生産において見落とされている点 「知的生産ってなんだろう?」 「圧倒的に生産性のある人って?」 こうした疑問をもっている人も多いと思います。 今回の記事では、「イシューから始めよ」という本を参考に、そんな問いの本質に迫ってみます。 記事を読…

「トートロジー」の意味、使い方 【あなたが騙されないために】

「トートロジー」という言葉、使っていますか? 「それってトートロジーだよね。」 このように、「トートロジー」という言葉、耳にする機会があるかもしれません。 そんなトートロジーという言葉、正しく使えている自信はあるでしょうか。 日常会話での使い…

【数学と方法】無限小数の実体とは? 発想の転換させられました

無限って不思議すぎ みなさんは、無限を不思議に感じたことはあるでしょうか?私にとって、幼い頃に感じた不思議は、この式でした。 1 = 0.999999999999999... この式、本当にそうなの?? みなさんは、この式を習ったときの違和感を覚えているでしょうか? 考…

【ゲーデルの不完全性定理】入門案内 おすすめ本まとめ

不完全性定理に興味ある人へ 「ゲーデルの不完全性定理」という言葉、みなさんは聞いたことがあるでしょうか?簡単に言うと、その名前の通り、数学(の一部)におけるある限界を示した定理です。私自身、この定理の存在を知って以来、その人類の英知の香りに…

「世界」はどこまでわかるのか【論理では説明できない領域が存在する理由】

宮台真司 全体性、社会、世界と「わたし」 「私」っていったいなんなの? この答えを知るためには、「様々な物事と私の関係」を考える必要があります。私と世界、私と全体性(すべてのものを含むこと)など。これらを科学や哲学、宗教によって分析しようとい…

【わかりやすい十分条件・必要条件】 混乱・違和感はどこからくるのか

十分条件、必要条件 今回は、数学の話題です。 必要条件、十分条件、高校で習いますよね。最近、ある本を読んでいて改めて考えたくなったので、まとめたいと思います。当時、ひっかかっていた違和感の正体にせまりたい。 ・必要条件、十分条件の意味は? ・…

やっぱり古本屋も素敵だ

ナイスな出会い こんにちわ、メタです。 今回は、古本屋にてずっと欲しかった本を見つけることができたので、紹介します。 「不完全性定理」についての2冊です!! やっと発見できました、嬉しいーーー 本屋の利点 ちゃんと欲しいという動機を持ちつづければ…

論理の基本!「すべて」という言葉がめちゃ大事な理由

論理って?推論って? 「論理」って何か説明できるでしょうか? はっきり言ってかなり難しい。論理の意味を分かりやすく知りたい人に向けて書きます。論理的になりたい人にも役立つかもしれません。 ・論理の根本ってなに? ・推論の正しさは何によって決ま…

【人生変わったぁぁぁ】 度肝抜かれたアイデアたち

人類の英知と真の自由さ こんにちわ、メタといいます。 Follow @kyogoku_meta 私がこれまで生きてきて、本当に度肝を抜かれたアイデアたちを紹介したい。初めてそれらアイデアに触れたとき、本当に脳汁がドボドボだった。体も心底震えた。 そして、それほど…

不完全性定理入門 from「コンピュータは数学者になれるのか」

不完全性定理に興味ありますよね...? コンピュータは数学者になれるのか? -数学基礎論から証明とプログラムの理論へ- 作者: 照井一成 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2015/02/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る こちらのページでま…

いいかげん論理ってなんだよ! 論理学入門 

「論理」ってなんだよ... 「論理的であれ!」と、散々言われまくる世の中。 その言葉がまかり通る割には、その内実を実行・説明できる人は少ない。 「いいかげん、論理ってなんなんだよ...」 「論理って難しい、論理の意味を分かりやすく知りたい」 この記事…