すごブロ

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方、など。

【宗教はなぜ必要か】宗教の定義と「世界」

生きるための倫理の動機づけの前提は、どこからやってくるのか?

 

社会が疑わしくなってきた現代。その例として以下が感じられる。

 

  • 社会の内側にいるのが苦しくなる
  • とにかく社会がクソな感じ
  • 社会の自明性を当てにしている倫理の崩れ


この本の目的は、以下だ。


宗教的な世界理解を代替しうるような覚醒認識に到達すること

 

こちらのブログの続きです。こちらを踏まえれば、よりわかると思います。

「世界そのものと私の関係ってなんなのだろう、何かしらの意味を見出せないのかな」、と私自身考えていました。このままでは、変な宗教に引っ張られてしまいそうです。

そこで、科学と哲学の出番です!!

 

そんな時に本書に出会えてよかった。私以外にも、迷える10代20代の若者にとって、生きるための最高のヒントになるはずです。もっと私自身のこと、世界のことを考えたい、けれど教えてくれる人がいない。だからといって、怪しげな大人の言葉に惹きつけられてしますのは危険です。頼るなら、学問に頼りましょう。専用の教養がなければ、カルト宗教に引き込まれてしまうかもしれません。現に、教養があるはずの高学歴な人材が大勢、オウム真理教に入信したという事実もあります。

 

全体性とは?「世界」とは?「社会」とは?

これらを、科学で扱うには? これらを体感するには?

なぜ人には宗教が必要なのか? 社会で生きる動機付けをどうすればいいのか?

 

という論点を、論理的に考えることの必要性をこの本は訴えている。だからこそ、哲学的、科学的な議論を踏まえることが欠かせないのです。そうすれば、自分自身の実存、アイデンティティの確立に、この議論がいかに関わってくるのか自覚できます。だからこその「覚醒せよ!」という言葉なのでしょう。

 

サイファ覚醒せよ! 世界の新解読バイブル

サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル

サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル

 

 

 

 

サイファ」と「宗教」

 
「世界」は記述できない。
 
規定された「社会」に生きる私たちの前には、未規定な「世界」があらわれてくる。そのため、「社会」を平和に生きるためには、「世界の未規定性」を一箇所に集める特異点が必要になる。これがサイファである。
 
 
そして、
「端的なもの」を無害なものとして受け入れ可能にする装置が「宗教」である。
 
この宗教の定義は、とても納得である。宗教をシステムとしてとらえ、「世界」との論理関係が明確である。端的なものは必ずある。だから、宗教がなくなることは、原理的にありえない。
 
 
サイファの例が「神」だ。
 
あらゆるものの全体 =「世界」を神が作ったならば、神は「世界」の外にいる。しかし、あらゆるものの全体が「世界」なのだから神も「世界」の内にいる。つまり、神は、「世界」の内と外に同時に属する。未規定だ。
 
サイファとは、「世界」の内と外に同時に属する特異点といえる。
 

 

 

サイファ」がなぜありうるのか

 
サイファは、超越論的なものに相当する。
 
 
超越論的な例。
「世界」はなぜありうるのか、という問い。
 
この問いに答えるには、論理的な理由から「世界」の外に言及しないわけにはいかない。しかし、言及可能な「世界」の外が存在するなら、定義によってそれもまた「世界」に含まれる。だから、この問いの意味は誰でもわかるのに、一貫した答えを用意できない。

 

 
「理解可能なのに回避不可能な問いの領域を含むこと」「世界の特異点という表象へと変換したものが「サイファ」である。
 
この変換装置を「宗教」とよぶ。
 
 
しかし、宗教では、変換するばかりで、逆変換をしてこなかった。これまでの社会では、逆変換することは「社会」を不安定にするおそれがあったからだ。しかし、現在、「社会」は壊れかけている。
 
だからこそ、逆変換してサイファを知るべきだ、と宮台はいう。

 

 

人間は何があれば満足な存在か?「サイファ」として生きよ

 
サイファ」として生きるとは、どういうことか?
 
それは、実存を宗教的なものに頼るのではなく、「自分自身=サイファ」に頼る、ということである。(頼る、という言葉は危険だが...)
 
 
問題は、それをどう為すか、だ。
 
覚醒するために、サイファを逆変換せよ。
と宮台は言う。
 
サイファとは「世界」の内と外に同時に属する特異点自分自身で、「自分が内と外の両方に立っている」ことを認識する。
 
 
逆変換する方法が大事だ。
 
  • 科学による徹底的なコミュニケーション
  • 「名状しがたいすごいもの」を「体験」する
 
科学による徹底的なコミュニケーションの大切さは、前回の記事でも書いた通りだ。そして、「感情」が「自分」を「訪れる」という「体験」の意味を徹底的に考えるだけでも、「世界の根源的な未規定性」に開かれる。その凄さこそが、「名状しがたいすごいもの」と呼ばれるものだ。これらについては、ぜひ前回の記事を読んでほしい。これによって、自分自身も「サイファ」であることに覚醒することができる。
 
 

宗教や科学など、何かに "頼る" ということではない。

それに、「サイファ」という概念に、頼ることも違う気がする。

頼るのではなく、自分自身そのものが実存の由来である、ということを、論理と体験によって納得していくしかないのだろう。

 

この納得という体感が大事と思う。

そんじょそこらの理屈や、他人の言葉に洗脳されない強さ、揺るぎなさを自分自身で獲得すべきだろう。

 

その一歩として、こうした科学哲学の知識も大切になる。それが本書の役割だ。

 

 

本ブログが誰かの自由につながったのなら、うれしい。