すごブロ

すごブロ

『凄い人・本・映画・概念・理屈』に "感染" した結果、生きやすくなった男のブログ。学問から「個人の知」まで。

イシューから始めよ【論理的思考よりも大切なこと】

知的生産において見落とされている点

 

「知的生産ってなんだろう?」

「圧倒的に生産性のある人って?」

 

こうした疑問をもっている人も多いと思います。

 

今回の記事では、「イシューから始めよ」という本を参考に、そんな問いの本質に迫ってみます。

 

記事を読み終えると、「知的生産において一番重要なこと」がわかるはずです。それは、あなたの全ての思考とアウトプットを変えてくれるでしょう。

 

 

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

 

今回はこちらの本から、教えをもらってみる。

 

著者である安宅和人氏のTEDの動画がこちらだ。この動画を見ると、彼の鋭い分析力の凄さがわかる。本質的で、解く必要のあるイシューが掲示されている。本と一緒に、ぜひ見て欲しい。

www.youtube.com

 

 

イシューを見極める!!!

知的生産の本質、その答えはシンプルだ。

 

「何に答えを出す必要があるのか」を見極めることから始める。

 

これを、イシューから始める、という。

 

一般的には、「問題を解く」ことが重要だと思われがちだ。

しかし、問題を見極めることの方が優先なのだ。これがこの本の主張の核である。そして、圧倒的に生産性が高い人物の特徴だ。

そして、本当に質の高い仕事は、「イシュー度の高さ✖️解の質」の両方が必要になる。

 

逆に、がむしゃらにただやってみるだけという方法は、根性論だとして批判する。

 

 

良いイシューの条件

本質的な選択肢である

まずは大きな分岐点を見極めることが大切。

 

深い仮説がある

常識を否定し、新しい構造で説明できないか。

 

答えを出せる

既存の手法、アプローチで答えを出せるかどうか。

 

 

 

・本書の細かいまとめはこちらのサイトが参考になる。さらに詳しく知りたくなった人におすすめ。

『イシューからはじめよ』をまとめてみた - Coming soon...

 

 

 

So What?(だから何?)を繰り返す

良いイシューを見極めるための方法が、いくつか紹介されている。その中の一つが、「So what?」である。

 

自分が立てた仮説に対して、「だから何?」をくりかえしていく。そうしていくことで、浅く、ざっくりとしていた考えが、細かく深いレベルに変化していく。そうすると、曖昧な表現だったものが、細部まで定義された言葉で置き換えられることになる。

 

このアプローチは、「深く考えること」に有効だ。

 

普段私たちが使う言葉は、当たり前なこと、常識のレベルに支配されている。だから、その状態で使う言葉たちをもとにした発言には、思考がないのだ。

 

たとえば、「毎日7時に起きているよ。」などには、思考・考えがない。これと同じように、普段の私たちのちょっとした考え・意見・仮説もパターンになっている。そこには、考えるという作業が無い。よくよく考えてみれば、それら言葉は意味が曖昧なものが多い。もっと考えることができるものばかりだ。

 

この日常のパターンを破れ、とガクトも強調している。

interaction.hatenadiary.jp

 

本質的に深い分析をするためには、言葉の意味を厳密にしていく必要がある。そうすることで初めて、言葉に対応した現象の構造を見つけることができる。そうした掘り下げる過程に、シンプルに役立つのが「だから何?」というツッコミなのだろう。

 

 

考えると悩むの違い

 

悩む=「答えが出ない」という前提のもとに、「考えるふり」をすること

 

考える=「答えが出る」という前提をもとに、建設的に考えを組み立てること

 

メインテーマとはそれるが、この視点はとても深い。私自身、これに気がついてから思考法が変化したと思う。

 

答えを出せるのか出せないのかがポイントになる。たしかに悩んでいる時は、答えが出せない状態で、ぐるぐると同じことを考え続けてしまっている。考えても考えても答えが出ないことに、浸ってしまっている。無駄なループを繰り返すのは生産的ではない。

f:id:asc_meta:20190213002649p:plain

悩むのはやめて、答えが出せることを考える。

 

とにかく、「今悩んでいるな」と感じたならば、その時点でやめたほうがいい。だからこそ、「悩んでいるのか」、「本当に自分は考えられているのか」のどちらなのかを見極めるためにも、訓練が必要だ。論理的思考のフレームワークや、本書が掲示する「イシュー」の考え方など、とても参考になるはずだ。

 

 

 

表層的な論理思考に陥っていないか

著者は、浅い論理的な思考だけではなく、一次情報に触れることの重要性を訴えている。

 

さらに、強調しているのが「自分なりに感じる」ことなのが面白い。「自分だけの視点」という言い方もしている。自分独自の感性をつかみ、自分の言葉で考えよ、ということなのだろう。

 

これには、私はとても共感できる。たしかに論理的に思考することは大切だが、論理や言葉は本来自分にとって他者なのだ。そこで使われる言葉たちは、自分のものではない。自分独自の、自分の身体的な感覚から形成される言葉を「自分ごと」と呼ぶ研究者もいる。この本の著者も指摘しているのは、まさにこの「自分ごと」の欠如ではないだろうか?なぜなら、論理的思考だけならば、ほとんどの人の間で差はなくなってしまうからだ。

 

「自分ごと」については、次の記事で詳しく書いている。

interaction.hatenadiary.jp

 

 

関連記事

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

 

まとめ

・まずは「イシュー」から始める

・「考える」と「悩む」は違う

 

 

 

追記

本ブログが誰かの自由につながったのなら、うれしい。