すごブロ

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方、など。

【自分を変えたきっかけ】何があなたを最も変えてくれるのか? "感染" のすすめ

感染(ミメーシス)って知っていますか?

 

・自分を成長させるには?

・人は何によって最も変化するのか?

・手段よりも目的が大事

・すごい人たちのすごさ、雰囲気、オーラ

 

これらを読み解くキーワードこそ、感染です。

 

これは、人がどう成長するのかということに関わります。私も身をもってこの概念を体験しました。私自身、このブログの紹介にこの言葉を使うほど重要視しています。ピンとくる方は、ぜひ本文を読んでいってください。

 

彼の強さにやられてしまった男たちは多いはず!!!これが感染です!!

f:id:asc_meta:20181118185736j:plain

 (漫画 刃牙より範馬勇次郎 

 

 

 

 

 

感染(ミメーシス)とは?

 

そもそも感染という言葉の意味にピンとくる方は少ないかもしれない。

 

松岡正剛の説明を引用しよう。

 

ミメーシスとは何かというと、語り手に聞き手が身を寄せるということである。すべての知識を、身体的に、演劇的に、感応的に解釈するということである。
 実際にもプラトン(799夜)はそのような意味でのみミメーシスという用語を使っていた。いまではたんなる模倣のことだと誤って使われているが、これは今日の使い方が完全にまちがっている。
 

 

感染(ミメーシス)という概念の響き、なんとなく伝わっただろうか?

 

こちらの本に収録されています。

 

 

 

 

 

なぜ感染が大事なのか?

 

簡単に答えを言うと、

 

 それが最も自分を成長させてくれるからだ。

 

なぜか?

 

感染すると、「自分が何をしたいのか、自分がどんな人間になりたいのか」が自分の内側から溢れてくる。強い動機が生まれるのだ。この内側からあふれ出すような強い動機こそが、自分を本当に違う次元へと変えてくれる。

 

すごい人のすごさを、松岡正剛の言うように身体的に、演劇的に、感応的に感じずにはいられないのが感染だ。その「すごさ」に当てられてしまっている時点で、「ああ私も動きたい」「少しでも近づきたい」と身体が反応してしまうのだろう。

 

この「感染」という言葉を、はっきりと意識するようになったきっかけは宮台真司の存在だと思う。彼は、この「感染」という言葉をよく使う。

 

どんな意図で使うのか?彼は、「人はどのように変わるべきなのか」「何が最も人を変えてくれるのか」という問題意識を持っているのだろう。だから、手段よりも、目的・動機を圧倒的に重視しているのだ。その目的・動機をもたらしてくれるきっかけこそ「感染」という態度なのだと思う。

 

直感で「スゴイ」と思う人がいて、その人のそばに行くと「感染」してしまい、身ぶりや手ぶりやしゃべり方までまねしてしまう――そうやって学んだことが一番身になるとぼくは思う。

 

宮台真司 14歳からの社会学 これからの社会を生きる君に(ちくま文庫

 

揺るぎなき佇まいは、その人の近くにいれば必ず「この人みたいになりたい!」と思わずにいられなくなるオーラと表裏一体です。そのオーラに「感染」することを、初期ギリシアペロポネソス戦争以前のギリシア)の人たちが「ミメーシス(感染的摸倣)」と呼んで大切にしたということは、『日本の難点』でも書いたとおりです。

 

今、かっこいいビジネスパーソンとは vol.2 勘違いしない理解力 | 仕事を楽しむためのWebマガジン、B-plus(ビープラス)

 

 

 

 

外側からやらされるのではなく

 

かくいう私も、宮台真司という存在に感染した。彼の経験、知識、そこからくる主張の揺るぎなさ、本当にすごかった。

 

自分自身の経験を通して見ても、やはり自分がもっとも変わったな成長したな、と思えたことの背後には、やはり「すごい人、映画、考え方、概念」への感染があったのだと感じる。すごい人たちはどんな世界を見ているのか、どんな世界を感じているのか、ここに近づきたいと期待せずにはいられなかった。

 

これは、親や教師から勉強しなさい、部活しなさいと強制されるのとは次元が違かった。

 

そんな外側からの言葉では、私は全く動機が生まれなかった。それら言葉はまるで真に迫るものがなかった。そうではなく、すごい人たちの生き方そのもの、振る舞いそのものこそ、私の内側に強烈に沁みてきた。その自分の内側に勝手に動機が生じてしまうという感染が、やはり成長するには最強なのだろう。

 

さらに、そんな感染を繰り返しているうちに、私の抱えていた生きづらさは消えていた。悩みや、日常の生活の嘘臭さ、それらをすごい人たちの振る舞いはぶっ飛ばしてくれた。世界の素晴らしさを体感できるようになった。生きやすくなれたし、私の心のシステムが書き換えられた。改めて、たくさんの師匠たちに感謝したい。

 

 

 

 

 

心の仕組み、性質に関心のある方に

 

今回の記事のような、「心の性質」に興味がある方はこちらもおすすめ。

interaction.hatenadiary.jp

 

今現在、だいぶ余裕を持って生きることができるようになったと感じる。だからこそ、今度は私が誰かの自由の役に立てたなら、と思う。それがこのブログを書いている理由でもある。

 

 

本ブログが誰かの自由につながったのなら、私はうれしい。

 

 

 

 

洗脳?

いやちょっと待って、感染ってその人に依存しちゃうことなんじゃ?その人に支配されているよ。洗脳だよそれは。というツッコミができそうです!

 

洗脳ということの危険性についても、いつか別の記事で書いてみたい。ネットを見ていると信者ビジネスが流行っていますね。その名の通り、まさに宗教的、洗脳的です。

 

本当に人間って誰かに頼りたくなるものなんだなあ、と思えますね。

 

感染と洗脳、これを明確に分ける線は引けません。所詮人間の心の話なのですから。しかし、基準は自分自身で作っておいたほうがいい。それが本当に「あなたの人生をよりよくすることに繋がるかどうか」という基準を私は勧めたい。まあ、この判断もとても難しいものではあるのだけれど。冷静になって、誰かの利益のために利用されていないかどうか考え直しましょう。その人が本当にすごい人なら、あなたを支配しようとはしないはずです。

 

洗脳の専門家、苫米地英人の本を参考に、いつかもっと深く論じたい問題です。(ちなみに、この本は、自分の心を守るためのものです)

洗脳原論

洗脳原論

 

 

 

 

 

関連記事

 

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp