すごブロ

「好き」をブチ抜く

本、映画、科学、哲学、心理、すごい人の考え方、など。

「世界」はどこまでわかるのか【論理では説明できない領域が存在する理由】

宮台真司 全体性、社会、世界と「わたし」

 

「私」っていったいなんなの?

 

この答えを知るためには、「様々な物事と私の関係」を考える必要があります。私と世界、私と全体性(すべてのものを含むこと)など。これらを科学や哲学、宗教によって分析しようという営みが重要です。

 

「世界そのものと私の関係ってなんなのだろう、何かしらの意味を見出せないのかな」と私自身、考えていました。このままでは、変な宗教に引っ張られてしまいそうです。

 

そこで、科学と哲学の出番です!!

 

そんな時に出会えたのが、今回紹介する本です。

私以外にも、迷える10代20代の若者にとって、生きるための最高のヒントになるはずです。もっと私自身のこと、世界のことを考えたい、けれど教えてくれる人がいない。だからといって、怪しげな大人の言葉に惹きつけられてしますのは危険です。頼るなら、学問に頼りましょう。専用の教養がなければ、カルト宗教に引き込まれてしまうかもしれません。現に、教養があるはずの高学歴な人材が大勢、オウム真理教に入信したという事実もあります。

 

全体性とは?「世界」とは?「社会」とは?


これらを、科学で扱うには? これらを体感するには?

 

なぜ人には宗教が必要なのか? 社会で生きる動機付けをどうすればいいのか?

 

これらテーマを、論理的に考えることの必要性をこの本は訴えている。だからこそ、哲学的、科学的な議論を踏まえることが欠かせないのです。その過程をたどれば、自分自身の実存、アイデンティティの確立に、この議論がいかに関わってくるのか自覚できます。だからこその「覚醒せよ!」という言葉なのでしょう。

 

 

サイファ覚醒せよ! 世界の新解読バイブル

サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル (ちくま文庫)

サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル (ちくま文庫)

 

サイファ―それは「世界はなぜあるのか」を根元的に問う営みのすべてが共通につきあたる、ある種の暗号のことです。サイファを解読することで、あなたは「世界に触れる」ことができる。

 

本書の目次

  1. 「社会の底が抜けている」ことに気づけ
  2. 「第4の帰属」がなぜ必要なのか?
  3. 自分自身の「聖なるもの」は何か、に覚醒せよ
  4. サイファ」とは何か
  5. サイファ」として生きる

 

抽象的な用語がずらずらと。それに宮台氏オリジナルの用語も多いのかも。決して読みやすくはない。けれど、とにかく情報量が多く、様々な教養が詰まっている。得られるものがとても多い。

 

 

 

主要な概念

この本の主題である「サイファ」という概念を理解するために、以下の概念を整理してみたい。

  • 世界の根源的な未規定性
  • 端的なもの
  • 名状しがたいすごいもの 

 

まとめてみよう。

 

「世界」とは、あらゆるもの全て、全体性のこと。世界の根源的な未規定性とは、「世界」は究極的には説明できない、ということ。

 

我々人間が、世界の端にたどり着いた時に遭遇するどうしても説明のつかない事実が「端的なもの」。世界は根源的に未規定なので、「端的なもの」が存在してしまう。

 

規定された社会の中にいるからこそ、まれに「端的なもの」などを通して、「世界の根源的な未規定性」が「名状しがたいすごいもの」として感じられる。

 

世界の存在そのものに、ああすごいな、と感じてしまう体験などが、「名状しがたいすごいもの」と呼ばれるものだ。

 

これだけの説明では全くわからないと思う。各々の概念に納得するには、本書で語られる通り、論理と体験を通すしかない。しかし、そのためには思考訓練が必要である。歴代の哲学者たちも、時間をかけてゆっくりと議論してきたテーマだ。浅くはない。

 

 

 

学問の限界

p174

全ての学問は、それが科学であるか否かを問わず、それが閉じた意味論であることに必然的に伴う概念の臨界点があるんです。

 

学問は、言葉や概念の定義から成り立つ。つまり、定義上、どうしてもその学問の外側を前提にしてしまう場合がある。そうなると、その外側への言及そのものが不可能になる。

 

 

 

なぜ「宗教」が必要か?

p176
科学が世界を説明できるようになればなるほど、世界はシンプルな公理と推論規則から導出される定理によって記述できるようになっていきます。

 

しかし、
「何で E=mc**2 で、E=mc**3 じゃないの」という「端的な事実」=「前提を欠いた偶発性」をめぐる問題が浮上する。

 

科学が世界を説明できるようになればなるほど、実はその説明自体によっては説明されない「端的な前提」が可視的になってしまう

 

 

その説明自体によっては説明されない「端的な前提

なるほど...そこに科学者は行き着いてしまうのか...!!

 

だからこそ一流の科学者も「宗教的な実存」を抱いている、という。いや、一流の科学者だからこそ、と言えるかもしれない。

 

それならば、「こんなものやったってしょうがない」と、動機付けを失わないのか?、という指摘もできる。その答えとして、科学を極めようとする強烈な動機には、自分自身の宗教的実存を求めたいという感情が欠かせない、という。先端の科学者には宗教家の側面がある、ということは納得できた。

 

先端の科学者は、「世界」の姿に直面してしまうのだ。どうしても論理では記述できない領域に、”科学という営み” によって到達する。

 

「端的な事実」に突き当たるとどうなるのか?

そこでは、この「世界=全体性」という概念についての考察が要求される。

 

 

なぜ「世界」は未規定と言えるのか?

 

 p181
「世界」を無矛盾な形式論理で完全に覆えないということを証明したゲーデルも「神の存在証明」をしようとして狂ってしまった。


「宗教の必然性」も近代科学の徹底によって明らかになるわけです。

p218

無矛盾な論理では、世界を覆えない。
一貫した意味の中に、世界は収まらない。

 

この部分こそ、まさに "論理" が要求されるところ。

論理によって、「世界」「全体性」という概念が規定されていない、説明できないということにたどり着く。

具体的な論法としていくつか紹介されている。その一つがゲーデル不完全性定理である。これは数学の体系には、どうしてもある種の限界が存在してしまうというものだ。しかし、これはあくまでも、数学の形式的体系での定理である。誤用には十分に注意したい。

ウィトゲンシュタインなども、論理を徹底した結果、論理では説明できない領域に踏み込んでいく。

 

 

 

「端的なもの」と「名状しがたいすごいもの」

 

p204
「端的なもの」とは説明がつかないものということです。

 

例をあげよう。

 

なぜあいつだけ容姿が恵まれているのか。

なぜあいつだけ、容姿が恵まれるようなDNAを持っているのか。

なぜ隣の町だけに災害が起こったのか。

なぜこの世界は、この数式で表せるのか。

 

これらの「なぜ」は説明できない。

 

この説明できない「端的なもの」に、あらゆるアプローチによりぶつかってしまう。論理的推論によっても行き着くし、日常の何気ない風景などからも感じとれる。

 

日本人なら、桜を見てこれを感じ取るという。確かにそうだ。本書ではこんな指摘がされる。「日本で、新学期の始まりが4月なのは桜があるからだ。」なるほど、よく考えてみれば、この説明がもっとも納得できる。日本における学期の決め方について、その他の説明では私は物足りなかった。

 

こうした規定されたものから成り立つ「社会」の中から、たまさか本質的に未規定な「世界」が見えて「しまう」場合、それが「名状しがたい、すごいもの」として現れる。

 

 

「名状しがたいすごいもの」の例として、アメリカンビューティーという映画について本書で言及あり。

それについてはこちらで書いています。

 

interaction.hatenadiary.jp

 

 

関連記事

科学哲学や、全体性というテーマについてはこちらでも触れています。

interaction.hatenadiary.jp

interaction.hatenadiary.jp

 

その他に科学哲学的な視線もふくむ、全体を踏まえようとした議論として情報に注目したものもあります。

interaction.hatenadiary.jp

 

 

続きはこちらへ

社会で生きる動機付けに、 「私」と「社会」と「世界」がどのように関わってくるのか、少しは考えられたでしょうか?

この続きは、こちらで書いています。とくに、システム的な「宗教の定義」が必見です。ぜひ読んでみてください。

interaction.hatenadiary.jp

 

 

本ブログが誰かの自由につながったのなら、うれしい。